笑うタイミングまでプログラムされている?

最終更新: 9月16日


メキシコに住んでいるとメキシコ人と一緒に旅をすることも少なくありません。そのような時には行動様式というか文化の違いが浮き彫りにされます。


旅における日本人の行動はメキシコ人の目にはかなり奇異に映るようです。


日本人は決められたプログラムを全うするために旅をしているようだとメキシコ人は言います。計画は分刻みで立てられており、乗り物に乗る時間、食事をする時間、休憩をする時間、そして笑うタイミングまでもプログラムされているようだと言います。何となく的を得ていませんか?


日本の小学校や中学校の遠足を思い出してみると、計画表がクラス全員に配られ、事前に説明会、事後には反省会などがありました。持っていくお菓子の金額にも上限があって、これを破ると居心地が悪かったものです。しかしこれら当たり前で、ルールの中でそれなりに楽しめました。


メキシコ人はこのようなあらかじめ決められた行動パターンに馴染めません。旅に来てまでノルマをこなすなんてあり得ないのです。自然発生的な感情に忠実で、予期していない出会い、出来事を歓迎します。


だから物事に対する臨機応変の対応は日本人よりずっと秀でているように思えます。決められたことをこなしていくのが得意なに日本人と、既存の枠に縛られず(というかスタンダードがないと言うべきか)即興が得意なメキシコ人。


工業化社会では画一的な教育も功を奏し、大量に優秀で従順なサラリーマンを輩出してきた日本は大成功をしました。


他方、ものづくりからコトづくり、マスからパーソナルに移行しつつある今の時代、メキシコ人の能力にスポットが当たってくることになるのかもしれません。

最新記事

すべて表示

日本人男性がとりがちな失礼な行動

あるメキシコの会社が日本の会社に技術支援を依頼し、日本人の技術者と作業員を呼び寄せた時のこと。 会議室で打ち合わせが終わっていざ現場に向かう段になると、日本人作業員がメキシコ人女性秘書がその場にいることなど気にもせず、ズボンを脱いで作業着に着替え始めました。その女性秘書はびっくりして、会議室から飛び出ていってしまいました。 これはメキシコ人女性からすると、自分が女性として認められていないという侮辱

メキシコ人のビジネスモラル

弊社ではメキシコで日系の会社のビジネスマンを対象にスペイン語の語学研修サービスを提供させていただいていますが、受講生が所属する会社の会計の窓口が日本人の場合、支払いで問題が起こることはまずありません。 ところが何らかの理由で会計の窓口がメキシコ人に変わった途端に支払いの遅れが生じることが頻繁にあります。 私はメキシコで事業を始めて20年以上経つので、メキシコの商習慣、メキシコ人のビジネスモラルに驚

メキシコで法律は守られる べきもの?

私が経営する語学学校では、メキシコシティー近郊のクエルナバカ市でスペイン語研修のための施設を有しています。 毎年同市で営業許可の更新を行なっていますが、数年前 更新の手続きに市役所に行った際、市でゴミ条例が発布されたのですべての法人はそのカテゴリーに応じ毎月ゴミ特別回収費を負担しなければないと告げられました。私の学校では毎月3000ペソ(負担するようにとのことでした。 規則は守らなければならないも

© 2018 by Sociedad Intercultural, S.C.