よくあるご質問 FAQ

FAQ.jpeg
  • 講師の能力や態度に満足できない場合、変更可能ですか?

はい、可能です。弊校の講師はスペイン語教授法の習得はもとより、生徒様をお客様として対応させていただくためのマインドセットを研修の中で行っておりますので、能力、態度に問題があることはほぼないと思われます。ただし相性が合わない可能性はありえますので、その場合は別の講師で対応させていただきます。

  • 全くの初心者ですが大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。講師は日本人にスペイン語を教えることに慣れており、日本人ウィークポイントを把握しています。またテキストに沿った日本語による文法解説用意しておりますので、全くの初心者でも問題ありません。

  • スペイン語学習歴がある場合、中級レベルからスタートすることは可能ですか?

はい、可能です。プレースメントテストを受けていただき、開始レベルを決めます。必要に応じウイークポイントの復習も行います。

  • 講師は日本語が話せますか?

話せる講師もおりますが、基本的に授業はスペイン語で行います。テキストに沿った日本語による解説書を用意しておりますので内容がわからなくなることはありません。

受講生の皆様にスペイン語を耳で慣れていただくため、日本語がわかる講師にはあえて授業中は日本語を使わないように指示しております。

しかし、どうしても授業中日本語のサポートが必要という場合はご相談ください。

  • 希望の日時でレッスンの設定が可能ですか?

はい、可能です。対面レッスンの場合、月曜日から土曜日の8時〜20時までの時間帯で、オンラインレッスンの場合は日時に制限なく設定可能です。基本的に講師と時間帯は固定制を採用しています。

ご希望の日時に対応可能な講師がいない場合は調整の相談をさせていただく場合もございます。

  • 土曜日、日曜日に受講可能ですか?

​​はい、可能です。日曜日は対応可能な講師が限られますが調整次第では可能です。尚、事務対応の時間は月曜日〜金曜日の9時〜18時となります。

  • プライベートレッスンが中心と聞いていますがグループレッスンはありますか?

定期的に日時を決めて開催しているグループレッスンはありません。​受講生側でグループを作っていただければニーズに合わせレッスンをデザインします。

  • 通常コースの日程を教えてください。

プライベートレッスンが中心ですので、ご希望の日時、期間に合わせ設定します。受講頻度、一回あたりの時間をお知らせください。日時は原則として固定制となりますが途中から頻度、時間を増やすまたは減らすことも可能です。仮申込書はこちら

 

  • どれくらい受講すればスペイン語が話せるようになりますか?

スペイン語初心者場合、時間数は目安として以下の通りです。

100時間: 職場での基本的なコミュニケーションおよび日常生活における基本会話をマスター。

200時間: 職場、日常生活で相手の言うことを理解し、自分の意思を伝えることができる。

300時間: ビジネスの現場において相手のいうことを理解し。自分の意思を伝え、部下に対しては正確に指示をだすことができる。日常生活では不自由なくスペイン語が使える。

(ただし、上記はある程度他外国語、例えば英語でTOEIC600点前後取のレベルであることが前提となります。)

 

  • 期間はどれくらいかかりますか?

スペイン語初心者の場合、期間はは目安として以下の通りです。

集中コースの場合(1日5時間 月〜金)、1ヶ月で100時間受講できます。3ヶ月で弊社のカリキュラムを終了します。

一般コース(2時間授業、週2回の場合)、半年で100時間、1年半で弊社のカリキュラムを終了できます。

(ただし、上記はある程度他外国語、例えば英語でTOEIC600点前後取のレベルであることが前提となります。)

 

  • 集中コースで3ヶ月受講すれば本当にスペイン語でビジネスレベルに達することが可能ですか?

はい、可能です。日本人ビジネスパーソンに授業を展開してきた中で培った弊学校メソッドをもって、最も効率的に、無駄を省いて授業を行います。この期間にどちらかというとアウトプットよりインプットが中心になりますが、現地でスペイン語を駆使してビジネスパーソンとして活躍するための基礎は身についている状態となります。このコースの受講生はメキシコやその他スペイン語圏のビジネスのまさに第一線で活躍されています。

  • 授業料の支払いどのようにすればいいですか?

通常コースの場合は受講実績に基づき月毎の後払いとなります(翌月の初旬に請求書をお送りします)。

集中コースの場合は開始1週間前に半額、終了時に残額をお支払いいただきます。いずれの場合もインターネットバンキングによるお振り込み、銀行窓口お振込み、小切手または現金によるお支払いとなります。                

question.jpeg