ビジネススペイン語 #15 電話(3)電話を受ける

更新日:1月30日

これまで「電話をかける」「伝言を残す」時の表現をみてきましたが、今回は「電話を受ける」がテーマです。


経験がないと受話器をとるのは少し勇気がいりますが、回を重ねれば慣れていきますので大丈夫です。


電話をかけてきた方が話したい相手が自分であれば、

Él habla. エル アブラ〈男性の場合〉

Ella habla. エジャ アブラ〈女性の場合〉

(私です)

一人称でなく三人称で応えます。


Soy yo. ソイ ジョ

(私です)

と応えることもできますが、やや口語的です。

Yo soy. ジョ. ソイ

とはあまり言いません。


用件を尋ねる場合は

¿En qué puedo servirle? エン ケ プエド セルビルレ

(ご用件は?)

直訳すれば「何において貴方に奉仕できますか?」


servirの代わりにayudar アジュダール(助ける)を使って

¿En qué puedo ayudarle? エン ケ プエド アジュダルレ

と言うこともできます。


誰かに取り次ぐ場合は

Ahora se lo comunico. アオーラ セ ロ コムニコ〈話したい相手が男性の場合〉

Ahora se la comunico. アオーラ セ ラ コムニコ〈話したい相手が女性の場合〉

(お取り次ぎします)

と言います。


ちょっと待ってもらう場合は

Un momento, por favor. ウン モメント ポル ファボール

(少々お待ちください)

と言いますが、

Permítame. ペルミタメ

ともよく言います。

これはPermítame un momento. ペルミタメ ウン モメント

を略した形と考えられます。


電話を取り次ぐことができない場合は、理由に応じて次のように言うことができます。


● 席をはずしています。

No está en su lugar.

ノー エスタ エン ス ルガール


● 外出中です。

Está fuera de la oficina.

エスタ フエラ デラ オフィシナ


● 出張中です。

Está de viaje.

エスタ デ ビアヘ


● 会議中です。

Está en una reunión.

エスタ エン ウナ レウニオン


● 別の電話に出ています(内線が塞がっている)。

Su línea está ocupada.

ス リネア エスタ オクパーダ


伝言を残したいかどうか聞くときは

¿Quiere dejarle algún recado?

キエレ デハルレ アルグン レカード

(伝言を残されますか)


かけ直してもらいたいときは

¿Podría volver a llamar más tarde?

ポドリア ボルベール ア ジャマール マス タルデ

(しばらくしてかけ直していただけますか)

※volver a + 動詞の原形(再び〜する)


さて、電話をかける側は自分の名を名乗るのが礼儀ですが、スペイン語圏では日本ほど徹底していません。


相手が誰なのかを確認する場合は次のように言います。


¿Quién habla? キエン アブラ

¿De parte de quién? デ パルテ デキエン

¿Con quién tengo el gusto? コン キエン テンゴ エル グスト


いずれも「どちら様ですか」の意味ですが、下に行くほど丁寧になります。

特に¿Con quién tengo el gusto?は丁寧かつプロフェッショナルです。


では実際の会話をみてみましょう


María: Buenos días. ¿Se encuentra el Sr. Ichiro Aoki?

Aoki: Sí, él habla. ¿De parte de quién?

María: Soy María Álvarez de PEMEX.

Aoki: Mucho gusto. ¿En qué puedo servirle?

María: Quisiera pedirle la cotización de las refacciones.


マリア:おはようございます。青木一朗さんはいらっしゃいますか。

青木:はい、私です。どちら様ですか。

マリア:メキシコ石油公社のマリア・アルバレスです。

青木:はじめまして。どういったご用件でしょうか。

マリア:交換部品のお見積もりをお願いしたいのですが。


実際、電話をかけてきた相手が最初に名を名乗らない場合も少なからずあります。

また間違い電話も結構あり、中には失礼な場合も。

向こうからかけてきたにもかかわらず

¿A dónde hablo? ア ドンデ アブロ

(どこに電話をしていますか)

などと言ってきます。


そのような時は

¿Con quién desea hablar?

(どなたとお話しされたいのですか?)

と尋ねればO Kです。


間違い電話であれば

Está equivocado. エスタ エキボカード

(間違いです)

と告げます。


ちなみに間違って電話をかけてきた相手が女性であっても、equivocadaではなくequivocadoと言います。この場合、間違っているのは電話をかけてきたというその行為だからです。


相手の話し方が丁寧でなくても、それに合わせることなく、ビジネスパーソンとしての礼節は保つようにしましょう。


-------------------------------------------------


スペイン語をビジネスレベルで


言葉を実際に使いこなすには実践的な学習、練習が必要です。

ソシエダ・インテルクルトゥラルは、メキシコで25年間にわたり、ビジネスパーソンを対象にスペイン語のレッスンを提供してまいりました。

受講生の皆様はビジネスの最前線で活躍されています。

ぜひお気軽にご相談ください。


閲覧数:34回0件のコメント