ビジネススペイン語 #12 電子メール(7)支払いの催促

最終更新: 2月27日

今回のテーマは支払いの催促。顧客との関係も壊しかねないデリケートな問題ですので表現には細心の注意が必要です。


基本はeducado エドゥカード(礼儀正しく)に、barbarismos バルバリスモ(粗野な言葉)は避けます。またeufemismo エウフェミスモ (遠回しな表現)を使った方がいい場合もあります。


例えば

impago インパゴ 未払い

などという代わりに

Percance con el pago ペルカンセ コン エル パゴ 

支払いについての不慮の出来事

Contratiempo con los cobros コントラティンポ コン ロス コブロス 

受け取りに関する不都合

と言うと攻撃的な印象が避けられます。


Ha ocurrido un contratiempo con el segundo pago.

ア オクリード ウン コントラティエンポ コン エル セグンド パゴ

2回目のお支払いに不都合が生じています。



では早速例文をみてみましょう。


メール例文


Mundo Hispano, S.A. de C.V.

Estimado Sr. Enrique Guzmán:


Me permito contactar con usted para informarle que hasta la fecha no hemos recibido la cantidad de $165,000.00 correspondiente a la factura No. SI2302 emitida el pasado día 10 de octubre.


En caso de que ya hubiera realizado el pago le pedimos por favor nos envíe el comprobante de pago respondiendo a este correo.


Puede tratarse de una confusión, por lo que le ruego ponerse en contacto conmigo cuanto antes para poder resolver el problema.


Atentamente,


Juan Carlos Ávila

Departamento de Cobranzas

SI Trading de México S.A. de C.V.

Tel. 55 1000 2000 Cel. 55 3000 4000

e.mail: i.aoki@si-trading.com.mx

www.si-trading.com


ムンド・イスパノ社

エンリケ・グスマン様


日頃より大変お世話になっております。


去る10月10日付で発行致しましたインボイス番号SI2302、金額165,000.00ペソにつきまして、現在までのところ入金の確認ができておりませんことをお知らせ致します。


もし既にお支払いをされているようでしたら、お支払い証明をこのメールへの返信にてお送りください。


何かの行き違いの可能性もございますので、早急にご連絡いただけますようお願い申し上げます。

ファン・カルロス・アビラ

入金課

SI Trading de México S.A. de C.V.

Tel. 55 1000 2000 Cel. 55 3000 4040

e.mail: avila. juan@si-trading.com.mx

www.si-trading.com


上記例文に関する解説をします。


hasta la fecha ア ラ フェッチャ 今までのところ

a la fecha ア ラ フェチャ も同じ意味で使われます。


ドルもペソも$で表示されるので、はっきりさせたいときはpesos mexicanos ペソスメヒカーノス(またはmoneda nacional モネーダ ナシオナル)、dólares americanosドラレス アメリカーノスなどと示しましょう。


同じスペイン語圏でも小数点としてピリオドを用いるか、コンマを用いるかは国によって異なります。


日本同様小数点にはピリオド、整数部の3桁ごとの区切りにはコンマを用いる国は

メキシコ、グアテマラ、コスタリカなど(イギリス式)

165,000.00


逆の国は

スペイン、アルゼンチン、チリなど(フランス式)

165.00,00


ちなみにC N Nスペイン語版が採用しているのは後者です。


支払い証明は

comprobante de pago コンプロバンテ デ パゴ

の他

constancia de pago コンスタンシア デ パゴ

という場合もあります。


Confusión コンフシオン (混同、勘違い)も便利な言葉です。間違えはあっても相手に一方的に落ち度があると決めつけるのを避ける時などに使われます。


一般にスペイン語圏では日本のような国に比べ支払いは遅れる傾向が強いと言えます。


る有名な法律事務所のメキシコ人弁護士のセミナーで以下のようなことを聞いたことがあります。


「メキシコでは支払いを遅らせることは、自社内のキャッシュフローを助けるとともに、相手を動揺させて交渉を有利にもっていくためのひとつの戦術である」


すべての会社がこのような戦術をもっているわけではないと思いますが、理由はともあれ支払いが遅れることは珍しくありません。


支払いの催促はする側もされる側も嫌なもの。できれば避けたいですがビジネスである以上、慎重かつ明確に意思を伝えなければなりません。


一応今回でメール文に関しては最後にしたいと思います。テーマなどでご要望があれば再開します。

82回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示