メキシコで西検 DELEとの比較も

最終更新: 9月16日

メキシコで西検が受験できることはご存知でしょうか。


西検とは(公益財団法人)日本スペイン協会が開催しているスペイン語技能検定のことです。1973年にスペイン語検定試験として開始され、これまで文部科学省の認定と後援のもと日本国内はもとよりスペイン、メキシコなどで実施されてきました。


メキシコでも実施されているスペインのセルバンテス協会のDELEとの違いについてよく聞かれますので比較しながら少し解説してみます。


DELEは設問も答えも全てスペイン語であるのに対し、西検は特に3級以上においては西文和訳や和文西訳が出題され、スペイン語と日本語とつなぐ能力が問われます。


両試験とも全6レベル。試験のタイプが違うので一概に比較できませんが各レベルにおいてDELEの方が若干難易度が高いようです。しかし西検3級は英検の準1級に相当すると言われていますので西検のレベルも決して低くありません。


    入門  初級  中級  中上級  上級  最上級

西検 6級 5級   4級   3級   2級   1級

DELE A1 A2    B1    B2 C1 C2


開催頻度については、メキシコではDELEは複数の機関で実施されているため頻度は高く、機関によっては2ヶ月に1回くらいのペースで案内が出ています。ただし受験者数が少ないと開催されないことがあります。一方、西検は年2回(春季、秋季)必ず実施され、毎回80名前後の方が受験されます。


受験料は地域によって異なりますがメキシコシティーで受験する場合DELEは西検の2倍〜3倍の金額になります。


メキシコシティーで受験する場合の料金比較


西検 DELE

入門 (6級/A1) 35 USドル 141 USドル

初級 (5級/A2) 45 USドル 148 USドル

中級 (4級/B1) 45 USドル 175 USドル

中級 (4級/B1) 80 USドル 201 USドル

上級 (2級/C1) 100 USドル 222 USドル

最上級 (1級/C1) 120 USドル 242 USドル


DELE受験料は以下サイトからドル換算 (ただし受験センターによって受験料が異なる可能性があるので注意)

https://www.ihmexico.com/es/examenes-internacionales/examenes-dele/fechas-y-precios/

西検受験料(メキシコ会場) https://docs.wixstatic.com/ugd/330f66_a9f4dc5222744b60b0fc2f94f123e965.pdf


よく西検は国内で有効、DELEは国際的な資格で海外で就職したい場合に使えると言われていますが果たしてそうでしょうか。


日本人が海外(スペイン語圏)で就職する場合、実際は日系企業に就職する場合がほとんどで、現地の企業に入ることは稀です。そして日系企業ではやはり日本語とスペイン語をつなぐ能力が評価されます。


スペイン語圏で日系企業が最も多く進出しているメキシコにおいて、西検は2001年より年2回途切れることなく定期的に実施されてきており、実際に就職や昇進の基準にも使われています。


海外で仕事をするにあたって言葉をマスターし、現地に溶け込むことは重要ですが、日本人であることをやめる必要は全くなく、逆に日本人しての個性は強みになります。メキシコで実際28年間事業を展開して感じるところです。


DELEはスペイン語の総合力を測る試験として優れていますが、一方、西検は別の意味で価値を持ち続けていると言えると思います。

最新記事

すべて表示

スペイン語学習に文法は必要か?

結論から言うとどこまで学ぶかによります。 英語学習において日本人が英語ができないのは文法にとらわれ過ぎているからと言う意見をよく聞きます。一理あります。しかし、それよりも読むこと書くことが中心で、聞くこと話すことに重点が置かれていなかったことがもっと大きな理由であると思います。学習の動機が受験のためということもあり学び方にかなり偏りがありました。 英語でもスペイン語でも日常会話程度なら文法を気にし

© 2018 by Sociedad Intercultural, S.C.