敬称 自分に「さん付け」

最終更新: 9月16日

「私はカルロス・ペレスさんです」


日本語を習い始めて間もないメキシコ人が、日本語で自己紹介をするときに自分の名前に「〜さん」を添えたりすることがあります。なぜ自分に敬称をつけるのだろうと不思議に思ってきましたがその謎はわりとすぐに溶けました。


メキシコでは自分に敬称セニョール(señor / 英語のミスターに相当) やセニョーラ(señora / 英語のミセスに相当)を添えることがあるのです。


例えば、電話で¿Quién habla?(キエン・アブラ / どなたですか)と聞かれて、相手が始めての人の場合や、あらたまったシチュエーションの場合にはHabla el señor Juan García(アブラ・エル・セニョール・ フアン・ガルシア / こちらは フアン・ガルシアです。 )などと応えます。


セニョールやセニョーラを添えないと馴れ馴れしいと受け取られることさえあります。(ちなみにスペインでは自分に敬称をつけることはほとんどないそうです。)


一方、日本の習慣として、自分の上司であっても他社の人に対して敬称は添えませんが、メキシコでは敬称をつける場合が多いです。例えば「上司のグティエレスが戻ってまいりましたら...」はCuando mi jefe, el señor Gutiérrez regrese ... / クアンド・ミ・ヘフェ・エル・セニョール・グティエレス・レグレセ...)となります。これは他のスペイン語圏、英語圏でも同様のようです。


親密な関係にあれば、上司に対して敬称は不要です。失礼にあたりません。


ただし、あらたまったシチュエーションでは、上司と親密な関係にあっても第三者の前では上司の名前に敬称を添えます。


ところで、敬称と言えば、メキシコではいろいろな敬称が使われています。法律や経営などを専攻した主に文系の学士に対するlicenciado (リセンシアード)、エンジニアに対するingeniero(インヘニエロ)、建築士に対するarquitecto(アルキテクト)会計士に対するcontador(コンタドール)などなど。


doctor(ドクトール)と言った場合は医者の意味もありますが、博士号を持つ人に対する敬称でもあります。


名前を加えずにlicenciadoとかingenieroと呼びかけることも多いです。このような呼び方に最初違和感を覚える外国人も少なくないようですが、これもメキシコ文化のひとつなのでしょう。

最新記事

すべて表示

スペイン語学習に文法は必要か?

結論から言うとどこまで学ぶかによります。 英語学習において日本人が英語ができないのは文法にとらわれ過ぎているからと言う意見をよく聞きます。一理あります。しかし、それよりも読むこと書くことが中心で、聞くこと話すことに重点が置かれていなかったことがもっと大きな理由であると思います。学習の動機が受験のためということもあり学び方にかなり偏りがありました。 英語でもスペイン語でも日常会話程度なら文法を気にし

© 2018 by Sociedad Intercultural, S.C.